出会い系撲滅運動

出会い系サイト撲滅運動と不倫撲滅運動に特化したブログです。社会のグレーな受け皿を明確にしていきます。

強姦まがいの男

みかんさんの
「フレネミー」の記事を
読んでコメントして
思う事があり書かせて
頂きます。

「friend(友)」と
「enemy(敵)」を
合わせた言葉だそうです。

被害者女性達よ!
行動した事にこそ意味がある!


被害に遭った女性をリアルタイムで
見たことがあります&フレネミーについて

f:id:nonogray:20140404060356j:plain


出会い系には
強姦まがいの男がいます。
(ブサイクで今もいます。)

日記などで
気落ちしてる
主婦を見つけては
心広い大人の男性を
装い優しいメール
とともに近づきます。

彼は自分で自分に票を入れ
毎日のように書く
日記ランカー
(粉飾)なのですが。
(その事実を知らない)
落ち込んでる主婦にも
信用されたりします。

そうとは知らず、
寂しさからか?
本当に相談に乗ってほしいのか?
その気落ちした主婦は
会ってしまいます。

ところが会うと
豹変して
相談はホテルで。と半ば
強引に連れて行かれます。

『自分は人気者だ!
やらせろ!』
と主張するそうです。

さて、出会い系で。

彼、彼女らの言う
婚外恋愛(不倫)をしてる
という事は伴侶がいて
維持したい
家庭があるという事です。

強姦を強姦まがいと
表現にするのは
被害届が出ないからです。

だって、事が公になったら
一般の主婦であるその
女性は自分が出会い系を
している事も。

婚外恋愛をしてる事も
伴侶にバレて
家庭崩壊や離婚の上でも
慰謝料請求はありえます。

望まない
イヤラシイ事をされても
悔しい思いをするだけで
泣き寝入りです。

この男は最初っから
そのつもりです。

婚活パ-ティーなど。
独身だったら、
親御さんも含め警察に
訴え出るというのは
ありますが。。。

その話しから。

こんな事を言った
おばさんがいます。

『出会い系は
自己責任でしょ?
援交して生計を
立ててる人もいれば、
セックス好きの
男女もたくさんいる。』



↑いかがですか?
呆れませんか?

自己責任は大いにありますが。

先人の女性たちが
男性に比べ虐げられ
社会的に男女平等を
長い時間を掛け訴え運動し
権利を勝ち取ってきました。

相手を貶めたい
痴漢冤罪を言う
女性もそう。
恋愛のもつれで狂言を言う
女性もそう。

このおばさんの発言もそう。

女性が
本当に被害に遭った時に
このような女性たちのせいで
相当な証拠が無ければ
相手にされなくなるのです。
(証拠の無い、冤罪は
勿論、迷惑な話ですが。)

男女平等を唱えるならば。

女性は
我儘とか自由奔放とかと
取られない教養を
身につけるべきです。

このおばさんのような
エセ教養ではなくね。

さもしい生き方をする
えげつない生き方をする
このような下品な女性ら。

女性の敵は女性です。

勿論、
強姦まがいの行為をする
常に弱そうな女性を物色してる
この既婚男性も
許されざる存在ですが。

この男性を
擁護する女性と。
(このおばさんのように。)

黙認、放置してる
管理が行き届いてない
優良大手とか言ってる
安心安全とか言ってる
出会い系サイトが。

最大の悪です。

出会い系サイトは
フレネミーの
集合体でした。

出会い系サイトを離れ
このブログも右肩上がりの
多くのアクセス数です。

日頃、
読んで頂ける事を
この場を借りて感謝の気持ちを
述べたいと思います。
『閲覧、
ありがとうございます。』


御終い。


不倫(婚外恋愛)ブログランキング≫

 

広告を非表示にする